身長を伸ばす睡眠のとり方

MENU

身長を伸ばすための睡眠とは?

身長,伸ばす,睡眠

 

睡眠は、子供の身長を伸ばすのにとても重要です。

 

睡眠不足が体に悪いのは、誰でもわかりますね。睡眠不足で具体的に何が起こるのかと言うと、集中力の低下やイライラといった精神の不安定を招きます。また、成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、睡眠不足は成長の妨げになるのです。

 

成長ホルモンは、睡眠中に下垂体前葉から分泌されます。2時間から3時間の感覚で分泌されるため、睡眠時間が短いと、分泌量も減ってしまうのです。

 

成長ホルモンが減ると、骨や筋肉の成長を妨げるため、身長が伸びないのです。

 

しかし、ただ睡眠を取ればいいというわけではありません。質の良い睡眠を取る必要があります。

 

人が熟睡できる最適な明るさは、0.3クルスとされています。暗いと脳は休まり、光を感じると徐々に起きるようになっているので、明るい部屋では脳が光に反応してしまい、うまく眠れないのです。ちなみに0.3クルスは、月明かりと同じくらいです。蛍光灯は500〜700ルクス、豆電球は9ルクスなので、電気は消して眠った方がいいですね。

 

また、寝る2時間前には食事を済ませておきましょう。睡眠中の血糖値が高いと、成長ホルモンの分泌が阻害されるからです。

 

テレビやスマホも、1時間前には使用しない方がいいです。ブルーライトが脳を活性化させてしまうのは、最近では良く知られていますね。

 

他にも、お子さんには固めのマットレスや布団を選んであげるといいです。寝返りを打つことで、子供は身体の歪みを修正し疲労を回復しているので、柔らかい布団では寝返りが打ちにくいのです。柔らかいマットレスなどの方が気持ちよく眠れそうですが、身長を伸ばすために固めの物を選びましょう。